OBJECTIVES

目的

【Japan Home】

 
大規模・クロスドメインのスマートシティアプリケーションのための「マルチレベルIoT相互運用」

クロスドメイン・スマートシティアプリケーションを実現するために、異なるIoTドメインに跨る、ベンダが異なる大量のIoTデバイス、異なるIoTプラットフォーム、様々な情報を、単一フレームワークで統合

日欧における配慮の行き届いた相互運用ソリューションの統合と進展の支援

相互運用標準の可能性の提案ではなく、日欧で普及が期待される相互運用ソリューションの実施・拡大・統合

大規模IoT開発における費用の削減

IoTインフラ-as-a-serviceを提供するような大規模IoTインフラ(クロスボーダのインフラを含む)開発のコスト削減

スマートシティアプリケーション開発の単純化

IoTや自治体が持つその他の情報をソースとするクロスドメインの情報へのアクセスの単純化

IoTアプリケーション開発のためのシンプルでプログラマブルなシステム

IoTデバイスやクラウドの仮想化によるIoTアプリケーション開発の容易化

市場を持続できるシステム

Fed4IoTシステムは、資源と情報を連携した資源群により成り立っている。本システムは、IoT資源のプロバイダにとって彼らの資源の連携に対して利益をもたらすものである必要がある

新しいIoT仮想化技術とマルチテナント技術の構築

実在のIoTデバイスとコンピューティング資源を使った、IoTデバイスのエミュレーション技術の構築。IoT仮想デバイスの多くは、同一の実在資源をベースとしているが、ユーザからは独立したデバイスに見える